今の作り方


本体

ウチは既にOpenSSLが入っているのでcc-optとld-optで指定。

./configure --prefix=/usr/local/nginx \
            --with-cc-opt="-I/usr/local/ssl/include" \
            --with-ld-opt="-L/usr/local/ssl/lib" \
            --user=daemon \
            --group=daemon \
            --with-file-aio \
            --with-http_ssl_module \
            --with-http_gzip_static_module \
            --with-http_stub_status_module

--with-opensslの場合はソースディレクトリを指定するとmake時にOpenSSLもmakeし始める。

サードパーティモジュール

モジュール追加準備(ソース展開したりPatchあてたり)をして

--add-module={モジュールソースディレクトリ}

を必要なぶんだけ追加。

FastCGI Wrapper(Perl)

Perlモジュールの CGI、FCGIをインストールする。
FastCGIWrapper
http://www.ruby-forum.com/topic/145858
にある添付、fastcgi-wrapper.plを保存して

mv fastcgi-wrapper.pl /usr/local/bin
chown root.root /usr/local/bin/fastcgi-wrapper.pl
chmod 755 /usr/local/bin/fastcgi-wrapper.pl

ソケットかTCPかスキな方をアンコメントし、
IPアドレス:ポート、またはソケットの絶対パスを適宜編集。

$socket = FCGI::OpenSocket( "127.0.0.1:8999", 10 ); #use IP sockets
#$socket = FCGI::OpenSocket( "/var/run/nginx/perl_cgi-dispatch.sock", 10 );

ソケットはnginxが読み書き出来る権限にすること。

FCGI Spawner
http://redmine.lighttpd.net/projects/spawn-fcgi/wiki

./configure
make
make install

起動スクリプトを作成する方が吉。

FastCGI Wrapper(PHP)

PHP5/今の作り方#PHP-FPM を参照。
{$source}/sapi/fpm以下に
・起動スクリプト(/etc/rc.d/init.d/に設置)
・設定ファイル(/usr/local/etc/に設置)
があるので、設置後適宜編集する。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-10 (金) 11:28:39 (2086d)