今の作り方


log4cxx

apr関係が必要なので入れてからビルド。

yum install apr-devel apr-util-devel
./configure

make時にエラーを喰らう環境(CentOS6.0以降とか?)では

src/main/cpp/inputstreamreader.cpp
src/main/cpp/socketoutputstream.cpp
に

#include <cstring>
を追加、

src/examples/cpp/console.cpp
に

#include <cstring>
#include <cstdio>
を追加。

て、これは公式に書いてあった( ´ω`)。
make install時に文句言われる場合は

src/main/include/log4cxx/private/Makefile.am
privateinc_HEADERS= $(top_builddir)/src/main/include/log4cxx/private/*.h log4cxx_private.h
を
privateinc_HEADERS= $(top_builddir)/src/main/include/log4cxx/private/*.h

src/main/include/log4cxx/Makefile.am
log4cxxinc_HEADERS= $(top_srcdir)/src/main/include/log4cxx/*.h log4cxx.h
を
log4cxxinc_HEADERS= $(top_srcdir)/src/main/include/log4cxx/*.h

に変更。

これは書いてなかったと思う。

boost C++ Library

結構面倒だった。 そもそもCentOS5にも入っているのだが、タグと呼ばれるものがついておらずUM-L7が使おうとしない。
タグは昔のバージョンではデフォルトでついていたが、1.4xくらいから「名前に変なタグつけないでUNIXとかのファイル名に準拠すんべ」ということでつけなくなった様子。
仕方がないので、自前でビルドすることにする。

./bootstrap.sh --show-libraries
これで一旦bjamなるものを作り出す。その後、

./bjam --layout="tagged" install
で、/usr/local/lib以下にインストールされる。

CentOS6はRPMでよし。

Perlモジュール

ipv6関係のモジュールが必要な様子。

yum install perl-libwww-perl perl-Socket6 perl-IO-Socket-INET6
他にも必要なものがあれば、yumでもCPANでも適宜インストールする。

3.0.xのマニュアルには追記されている。

SNMP

yum install net-snmp-devel

本体

本体もまあ奇妙な動きをする。 各種ディレクトリ指定オプションが上手く働かないような。

いつの間にか出来てた3.0.xのマニュアルでは
./configure
のみ。

--prefixのデフォルトは[/usr/local]と書いてあるが無視される。
--prefixで指定しても無視。
インストール先は

/etc/l7vs
/etc/ha.d/conf/l7directord.cf.sample
/etc/l7vs/l7vs.cf
/etc/l7vs/sslproxy
/etc/l7vs/sslproxy/dh512.pem
/etc/l7vs/sslproxy/passwd.txt
/etc/l7vs/sslproxy/root.pem
/etc/l7vs/sslproxy/server.pem
/etc/l7vs/sslproxy/sslproxy.target.cf
/etc/rc.d/init.d/l7directord
/etc/rc.d/init.d/l7vsd
/usr/lib64/l7vs
/usr/lib64/l7vs/protomod_ip.so
/usr/lib64/l7vs/protomod_sessionless.so
/usr/lib64/l7vs/protomod_sslid.so
/usr/lib64/l7vs/sched_lc.so
/usr/lib64/l7vs/sched_rr.so
/usr/lib64/l7vs/sched_wrr.so
/usr/sbin/l7directord
/usr/sbin/l7vsadm
/usr/sbin/l7vsd
/usr/share/doc/ultramonkeyl7-3.0.0
/usr/share/doc/ultramonkeyl7-3.0.0/heartbeat-ra
/usr/share/doc/ultramonkeyl7-3.0.0/mibs
/usr/share/doc/ultramonkeyl7-3.0.0/heartbeat-ra/L7directord
/usr/share/doc/ultramonkeyl7-3.0.0/heartbeat-ra/L7vsd
/usr/share/doc/ultramonkeyl7-3.0.0/heartbeat-ra/VIPcheck
/usr/share/doc/ultramonkeyl7-3.0.0/heartbeat-ra/authkeys
/usr/share/doc/ultramonkeyl7-3.0.0/heartbeat-ra/cib.xml
/usr/share/doc/ultramonkeyl7-3.0.0/heartbeat-ra/ha.cf
/usr/share/doc/ultramonkeyl7-3.0.0/heartbeat-ra/logd.cf
/usr/share/doc/ultramonkeyl7-3.0.0/mibs/ULTRAMONKEY-L7-MIB.txt
/var/run/l7vs

こんな感じ。
make uninstallも機能しないので削除時は上記参照。

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-08 (水) 20:40:20 (2084d)