今の作り方


ライブラリ(libupnp)とデーモン(upnpd)が別立てなので両方用意する。
それぞれ旧Ver.と現Ver.があり、旧は旧どうし、現は現どうし組み合わせる。
ウチでは現Ver.を使用する。

新libupnp

旧サイトには
開発者さんが忙しくて継続出来なくなったので
新しい方にフォークしたからそっち見てね的な事が書いてある。

1.4.3以前はAMD64なシステムで使う時はバグがあるようでパッチが必要らしい。

パッチ:http://sourceforge.net/tracker/index.php?func=detail&aid=1652827&group_id=166957&atid=841026

./configure
のみ。ldconfig -v を忘れずに。

新upnpd(igd2-for-linux)

git提供(´・ω・`)

cd /usr/local/src
git clone git://gitorious.org/igd2-for-linux/igd2-for-linux.git igd2-for-linux

cd igd2-for-linux
make

本体(upnpd)以外にいくつかファイルが放り込まれる。
旧バージョンが入っている場合、upnpd.confがインストールされないので
先に退避なり削除なりする。

install -d /etc/linuxigd
install configs/ligd.png /etc/linuxigd
install configs/gatedesc.xml /etc/linuxigd
install configs/gatedesc1.xml /etc/linuxigd
install configs/gateconnSCPD.xml  /etc/linuxigd
install configs/gateicfgSCPD.xml /etc/linuxigd
install configs/lanhostconfigSCPD.xml /etc/linuxigd
install configs/gateEthlcfgSCPD.xml /etc/linuxigd
install configs/wanipv6fwctrlSCPD.xml /etc/linuxigd
install configs/dummy.xml /etc/linuxigd
install bin/upnpd /usr/sbin
install doc/upnpd.8 /usr/share/man/man8
if [ ! -f /etc/upnpd.conf ]; then install configs/upnpd.conf /etc; fi

旧libupnp

作り方自体は

./configure

でいい。ldconfig -v忘れずに。

旧upnpd(linuxigt)

libupnpは1.3.1(最後の旧バージョン)を使用。
AMD64なシステムはやはりパッチが必要。

make
のみ。

libupnpの場所が/usr/lib以外の場合は
make LIBUPNP_PREFIX=/usr/local
で、指定するらしいがウチは必要なかった。

インストール先を変更したい場合は
make PREFIX=/usr/local install

本体以外は

install -d /etc/linuxigd
install etc/gatedesc.xml /etc/linuxigd
install etc/gateconnSCPD.xml  /etc/linuxigd
install etc/gateicfgSCPD.xml /etc/linuxigd
install etc/dummy.xml /etc/linuxigd
install upnpd /usr/sbin
install upnpd.8 /usr/share/man/man8
if [ ! -f /etc/upnpd.conf ]; then install etc/upnpd.conf /etc; fi

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-08-30 (火) 00:02:36 (2548d)