今の作り方


本体

暫定。RPMのSPECファイル参照。

./configure --enable-async-io=4 \
            --enable-useragent-log \
            --enable-referer-log \
            --enable-ssl \
            --enable-cache-digests \
            --enable-linux-netfilter \
            --enable-follow-x-forwarded-for \
            --with-large-files \
            --with-openssl=/usr/local/ssl

TPROXYオプションがよくわからないので放置。
CentOS6.xでもダメだったメモ。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-08-02 (火) 20:49:45 (2456d)