今の作り方

Postfix

groupadd postfix
groupadd postdrop
useradd -s /sbin/nologin -d /dev/null -g postfix -G postdrop postfix

make makefiles CCARGS='-DUSE_SASL_AUTH
                       -DDEF_SERVER_SASL_TYPE=\"dovecot\"
                       -DUSE_TLS -I/usr/local/ssl/include'
               AUXLIBS="-L/usr/local/ssl/lib64 -lssl -lcrypto"
make && make install

ウチはSASLにDovecotを使うのでコノ設定で。

SPF Policy Server for Postfix(Perl)

CentOS6はlibbind.soが見当たらず、enmaが作れなかったので
代わりにPerlスクリプトのSPFを使ってみる。

cp postfix-policyd-spf-perl /usr/local/lib/policyd-spf-perl
chmod 755 /usr/local/lib/policyd-spf-perl
chown postfix /usr/local/lib/policyd-spf-perl

SPF Policy Server for Postfix(Python)

モジュールを3つ入れる必要がある様子。ちょっと面倒。
Pythonは2.6以上。

pypolicyd-spf-1.0
└pyspf-2.0.7
  ├pydns-2.3.6
  └authres-0.401
こんな感じ?

それぞれ
python setup.py install
で。

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-18 (金) 15:37:04 (2102d)