設定


パスワード設定

mysql mysql
mysql> select user,host,password from user;
+------+-----------+----------+
| user | host      | password | 
+------+-----------+----------+
| root | locahost  |          |
| root | hostname  |          |
| root | 127.0.0.1 |          |
|      | locahost  |          |
|      | hostname  |          |
+------+-----------+----------+

と、初期状態ではパスワード無し、ユーザー無しなので
空欄ユーザーは削除、rootにはパスワードを設定する。

DELETE FROM user where user='';
DELETE FROM user where user='root' and host='hostname';
GRANT ALL on *.* to root@"%" identified by 'hogehoge' with grant option;
SET PASSWORD FOR root@127.0.0.1 = PASSWORD('hogehoge');
FLUSH PRIVILEGES;

など。

mysql_secure_installation

でもいいけど、何をしているか理解するためなんだからねっ///

my.cnf

少し整理。相変わらず暫定、書いてないオプションはデフォってことで。

# MySQLサーバーセクション
[mysqld]
## General Options
     # TCPを利用しない(ソケットのみの)場合
#    skip-networking

    port                 = 3306

    # 1つのアドレスのみバインド可能。複数指定時は最後のものを使用
    bind-address         = xxx.xxx.xxx.xxx

    socket               = /xxx/mysql.sock
    datadir              = /var/xxxx

    # 4byteUTF-8対応。サイズとか角度とか色々注意。
    character_set_server = utf8mb4

     # クエリログを利用する場合
#    general_log          = 1
#    general_log_file     = /usr/local/var/mydata/query_log
##SSL Options
#    ssl
#    ssl-ca                 =/xxx/xxx
#    ssl-capath             =/xxx
#    ssl-cert               =/xxx/xxx
#    ssl-cipher             =xxx:xxx:xxx
#    ssl-key                =/xxx/xxx
#    ssl-verify-server-cert =/xxx/xxx
##Connections and Related Options
    max_connections      = 300
    
    # max_connections x JOINする最大テーブル数を目安
    # Opened_tablesを見ながら調整(400..524288)
    table_open_cache     = 2048
    
    # table_open_cache x 2 + max_connections + 10が最低値(0..65535)
    open_files_limit     = 8192

    # スレッド使い回し数
    # Threads_createdとConnectionsを見ながら調整
    thread_cache_size    = 100
    
    # アイドル接続のタイムアウト時間
    # 規定値が28800秒(8h)なので適宜変更する
    # (忙しいサーバは短めにしてスレッドキャッシュを増やすなど)
    # どちらの値を使うかはクライアント次第
    interactive_timeout  = 3600
    wait_timeout         = 3600
##Memory Options
    # おっきくしとこな?
    key_buffer_size      = 1G
    
    # インメモリテーブルが作成されやすいなら増やす
    max_heap_table_size  = 16M
    tmp_table_size       = 16M
    
    # ネットワークバッファ(規定値)
    #net_buffer_length    = 16K
    #max_allowed_packet   = 1M

    # ソート関係のバッファ
    # Sort_merge_passesを見ながら調整
    sort_buffer_size     = 4M
    read_buffer_size     = 256K
    read_rnd_buffer_size = 512K

##InnoDB Options
    ## メモリ
    # おっきくしとこな?
    innodb_buffer_pool_size         = 1G
    
    # 内部データプールサイズ
    innodb_additional_mem_pool_size = 20M
    
    ## InnoDBログ(a.k.a. REDOログ→ib_logfileN)
    # InnoDBログの数(規定値)
    #innodb-log-files-in-group       = 2
     
    # InnoDBログの書き込みとフラッシュ挙動(規定値)
    # 1はcommitごとに書き込んでフラッシュ
    #innodb_flush_log_at_trx_commit  = 1
    
    # フラッシュ方法
    # できる限りオンメモリにする(OSキャッシュを使えないようにする)と
    # O_DIRECTの恩恵が得られる
    innodb_flush_method             = O_DIRECT
    # バッファ(規定値)
    # 通常フラッシュ頻度の方が高いのであまり持たなくていい
    #innodb_log_buffer_size          = 8M

    # InnoDBログファイルサイズ
    innodb_log_file_size            = 128M
    
    ## データファイル
    # データファイルサイズと拡張挙動
    innodb_data_file_path           = ibdata0:10M:autoextend:max:50G

    # InnoDBのファイルフォーマット
    # 現在、Antelope、Barracudaの2種のみ
    # 規定値は後方互換重視でAntelopeの様子
    # 圧縮機能など利用する場合はBarracudaが必要
    innodb_file_format              = Barracuda
    innodb_file_format_max          = Barracuda
     
    # テーブルごとにデータファイルを生成するかどうか
    # 圧縮機能を利用する場合は必要
    innodb_file_per_table           = 1
## MyISAM Options(Provisional
    myisam_use_mmap         = 1
    myisam_mmap_size        = 1G
    myisam_sort_buffer_size = 8M
##Query Cache
    # クエリキャッシュサイズ
    query_cache_size  = 16M

    # クエリキャッシュ方法
    query_cache_type  = 1

    # キャッシュするクエリ結果のサイズ制限
    query_cache_limit = 4M
## Misc.
    #skip-external-locking
## Replication Master Server (default)
    server-id   = 1
## Binary Log Options
    log_bin          = mysql-bin
    
    # うーん・・・WriteCacheがあるRAIDカード搭載なら1でも・・・
    #sync_binlog      = 0
    
    binlog_format    = mixed
    expire_logs_days = 7
[mysqldump]
    skip-opt
    create-options
    default-character-set=binary
    hex-blob
    max_allowed_packet = 16M
    master-data
    quick
    set-charset
    single-transaction

#
[mysql]
    ## -pつけるの面倒だし。
    password
    no-auto-rehash
    # Remove the next comment character if you are not familiar with SQL
    #safe-updates
 
[client]
#    password  =
    port      = 3306
    socket    = /xxx/mysql.sock

[myisamchk]
    key_buffer_size  = 20M
    sort_buffer_size = 20M
    read_buffer      = 2M
    write_buffer     = 2M

[mysqlhotcopy]
    interactive-timeout

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-10-13 (木) 00:09:58 (2320d)