設定


named.conf

controls

rndc(remote name daemon control)の設定。
大抵はこのままで、やることはカギの入れ替えくらい。

controls {
        inet 127.0.0.1 allow { localhost; } keys { rndckey; };
};

include "/etc/rndc.key";
↓
key "rndckey" {
        algorithm       hmac-md5;
        secret          "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx";
}

options

Globalな設定。コンテンツサーバ用。
DNSSECは未対応。

options
{
        // 以下のオプションを使う時は気をつけましょう。
        // ソースポートランダム化が無効になり攻撃を受けやすくなります。
        // query-source    port 53;
        // query-source-v6 port 53;
 
        version "Unknown";
        directory "/var/named"; // the default
        files 4096;
        // pid-file                "/var/run/named/named.pid";
        dump-file               "data/cache_dump.db";
        statistics-file         "data/named_stats.txt";
        memstatistics-file      "data/named_mem_stats.txt";

        // ゾーン転送を許可するアドレス(主にセカンダリDNS
        allow-transfer { 127.0.0.0/8;
                         xxx.xxx.xxx.xxx;
                         yyy.yyy.yyy.yyy;
                        };
        // 再起問い合わせなし
        recursion no;
        // DNS NOTIFYを一旦止める(zone内で個別許可する)
        notify no;

};

logging

ログ設定。
チャンネル(ログの流し先)を定義して、カテゴリ(ログ種別)をチャンネルに割り当てる。
種類が色々あるが、ひとまず以下で。

logging
{
        // Debugログ出力先(チャンネル名は定義済み)
        channel "default_debug" { // default_debugはdebugレベル1以上のログが対象
                file "data/named.run" versions 4 size 10m;
                // レベル変更に対応するため、dynamic指定
                severity dynamic;
                print-time yes;
                print-severity yes;
                print-category yes;
        };

        // 一般ログ出力先(チャンネル名は任意) 
        channel "log_default" {
                file "/var/log/named/named.log" versions 4 size 10m;
                severity info;
                print-time yes;
                print-category yes;
        };

        // クエリログ出力先(チャンネル名は任意) 
        channel "query" {
                file "/var/named/data/query.log" versions 4 size 10m;
        };
        category queries { "query"; };       // カテゴリqueriesのログをqueryチャンネルに流す
        category default { "log_default"; }; // カテゴリdefaultのログをlog_defaultチャンネルに流す
};

zone

ゾーン設定。
ゾーン定義ファイル指定やゾーンごとのアクセス制御など。
逆引きが必要なら逆引きも設定。
プロバイダが逆引きサービス提供しているならそちらを利用。

// rootの定義
zone "." IN {
    type hint;
    file "named.ca";
};
// ローカルホストの正引き定義
zone "localhost" {
    type master;
    file "localhost.zone";
    allow-update { none; };
};
// ローカルホストの逆引き定義
zone "0.0.127.in-addr.arpa" {
    type master;
    file "named.local";
    allow-update { none; };
};
// 各ドメインの正引き定義
zone "example.jp" IN {
        type master;
        file "example.zone";
        allow-update { none; };
        notify yes;
};

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-27 (火) 16:49:36 (2456d)