今の作り方


本体

OpenSSLのライブラリが/usr/local/ssl/libであることが前提。

./configure --prefix=/usr/local/apache2 \
            --enable-mods-shared="cache disk-cache mem-cache deflate logio headers" \
            --enable-modules="auth-digest ssl info rewrite so" \
            --with-mpm=event \
            --with-ssl=/usr/local/ssl \
            --with-z \
            --with-included-apr \
            --enable-threads \
            --with-expat=builtin

--enable-modulesにStaticで組みたいモジュールをスペースで区切って列記。soだけは必ずStatic。
--enable-mods=sharedにDSOで組みたい(取り外したい)モジュールをスペースで区切って列記。
--with-included-aprは同梱のAPR/APUを利用するためのオプション。
下二行は同梱のAPR/APUのためのオプション。
既に存在するAPR/APUを利用する場合は、下三行は不要で、別途指定する。

最近はpreforkではなくeventがお気に入り( ´ω`)

mod_fcgid

Apache製。

APXS=/usr/local/apache2/bin/apxs ./configure.apxs
make && make install

普通のFastCGI。

mod_fastcgi

FastCGI製。

cp Makefile.AP2 Makefile
make && make install

PHP-FPMなどTCP経由やSocket経由でFastCGIを利用する場合はこちらで。
2.3以降はmod_proxy_fcgiが利用可能。
同名の第三者モジュールがあるが1.3/2.0のみ利用可能っぽい。

mod_cidr_lookup

Makefile中のapxsとapachectlを適宜編集。

cd apache2
make && make install

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-22 (木) 21:06:15 (2408d)