今の作り方


re2c

./configure

lemon

SL6/CO6はyumでよいかと。

gcc -O2 -o lemon lemon.c
cp lemon /usr/local/bin

鬼車

./configure

PHP

OpenSSLの扱いが大変面倒くさいのでSL6のものを使う(´・ω・`)
ld.so.conf.d以下でOpenSSLのライブラリを指定している場合は一旦外してldconfig -v
make後に元に戻す。
また--with-libdir=lib64を指定

./configure --with-libdir=lib64 \
            --with-openssl \
            --with-zlib \
            --with-bz2 \
            --enable-calendar \
            --enable-exif \
            --with-gd \
            --with-jpeg-dir \
            --with-png-dir \
            --with-xpm-dir \
            --with-freetype-dir \
            --enable-gd-native-ttf \
            --with-gettext \
            --enable-mbstring \
            --enable-mbregex \
            --with-onig=/usr/local \
            --with-mysql=mysqlnd \
            --with-mysqli=mysqlnd \
            --with-pdo-mysql=mysqlnd \
            --with-pgsql \
            --with-pdo-pgsql \
            --with-snmp \
            --with-openssl-dir \
            --with-curl \
            --with-libedit \
            --enable-soap \
            --enable-sockets \
            --enable-zip \
            --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs

FPM(FastCGI Process Manager)にする場合
--with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs のかわりに
--enable-fpm を指定する。

--with-libeditはInteractive Shell(php -a)を有効にするのに必要。
開発時は何かと便利。

eAccelerator

/usr/local/bin/phpize
./configure --enable-eaccelerator=shared --with-php-config=/usr/local/bin/php-config

サイト消失(´・ω・`)残念

APC

/usr/local/bin/phpize
./configure --enable-apc

pecl経由でもいいが、5.4系+Apache2.4系は3.1.11-dev以上をお勧め。
5.5系は今のところ非対応のヨウスだが・・・次項参照。

Zend Opcache

5.4系以下は、peclからお取り寄せ。
/usr/local/bin/phpize
./configure --enable-opcache

5.5.0から標準装備となった。
5.5.0からはphpビルド時に、--enable-opcacheを付ければよい。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-07-06 (土) 00:06:20 (1872d)